テンプレートを選ぶだけ!手軽に作れるホームページ

HTMLやCSS、JavaScriptなどの知識が必須?

ホームページを作る時には、HTMLを初め、デザインを作り出すためのCSS、動的ページにするためにはJavaScriptなどの知識が必要不可欠です。最初はHTMLをコーディングしてから、背景や文字に色を付与するためCSSを使ってデザインを作り出す、フォームを作る時にはJavaScriptで
フォーム内容を送信するなどのアクションを加えるなどが必要です。これは初心者にとってはハードルがとても高い、自分では出来ないと感じている人も多いのではないでしょうか。それぞれの言語は決して難しいものではありませんが、これらの知識を持たなくてもホームページを作る事が出来る便利なテンプレートが用意してあるので便利です。

テンプレートはビジュアル的にホームページを作れます

ホームページ作成にはHTMLなどの言語知識が必要と言われていましたが、最近ではテンプレートを使って画面上に写真や画像を貼り付けながらページ制作が出来る時代です。テンプレートは配置したい場所に写真やイラスト画像などを配置する、見出しを作る時にはメニューから見出しを選んで、文字を入力してから配置する場所を指定するだけで文字サイズや文字色などを自動的に設定してくれるため、HTMLやCSSを使ってコーディングする必要がありません。
また、テンプレートの中にはフォームアクションを自動生成してくれる機能を持つものもあります。普通はJavaScriptを使ってフォーム内容を送信するなどの記述が必要ですが、テンプレートなら専門知識がなくてもホームページを作る事が可能です。

ホームページ作成を初心者が行う場合、サイトやアプリを使うことで可能になります。しかし、デザインやレイアウトが限られてしまうので同じようなホームページがある可能性があります。